タバコを止めると敏感肌が改善する?それぞれの関連性とは

タバコを止めると敏感肌が改善する?それぞれの関連性とは

タバコを止めると敏感肌が改善する?それぞれの関連性とは

 

タバコと敏感肌

 

タバコは体に悪影響を与えると知っている人も、意外と肌への影響を気にしていなかったりします。敏感肌で悩んでいた人が禁煙をきっかけに肌質が変わったということもあるので、タバコと肌には大きな関係がありそうです。

 

 

 

タバコを吸う人は、いわゆるタバコ肌と呼ばれる状態になりやすく禁煙しないと改善されません。肌の乾燥やシワ、くすみ、毛穴の目立ちなどがタバコ肌に多く見られる肌の状態です。

 

 

 

もちろんタバコを吸っていなくても、加齢や紫外線などでこうした肌になる人はいます。しかし喫煙者は、年齢や生活習慣に関係なく乾燥に悩まされることが少なくありません。

 

 

 

乾燥は敏感肌の原因にもなりますし、敏感肌は乾燥を招くという悪循環に陥ることも考えられます。タバコが肌に与える影響は決して小さくありませんし、肌のことを考えると喫煙した方が良いのは確かです。

 

タバコを止めると敏感肌が改善する?それぞれの関連性とは

 

なぜタバコを吸うと肌が乾燥しやすくなるのかというと、タバコには血管収縮作用があるからです。血液の循環は肌のターンオーバーを促進するために、重要な働きをしています。

 

 

 

それが滞ってしまうということは、古い角質が肌に残ったままになるということです。タバコのタールは体内で有害物質とみなされるため、体内では活性酸素が大量に発生します。

 

 

 

活性酸素は肌の老化を引き起こす一因でもあり、肌の乾燥やメラニン色素の増加にも繋がります。このように、喫煙には肌に様々なトラブルをもたらす要因があり、敏感肌になるきっかけや敏感肌を悪化させる原因にもなるのです。

 

タバコによる敏感肌を改善する方法

 

タバコによる敏感肌を改善する方法は、禁煙しかありません。禁煙するとストレスが増えて肌荒れするという人もいますが、ニコチンの害に比べれば一時的なものです。

 

 

 

実際に禁煙した人の中には数週間肌荒れに悩まされたものの、その後は今までにないほど肌の調子の良さを感じたという人もいます。ストレスで肌荒れしたのかもしれませんが、数週間で治まるのなら禁煙した方が敏感肌には効果的です。

 

 

 

禁煙は辛いものであることは確かですが、最近は禁煙を補助する製品や禁煙外来なども増えています。敏感肌を悪化させたり、敏感肌になってしまう可能性のある喫煙は、悪い習慣として断ち切ってしまった方が良いでしょう。

 

 

 

すぐに禁煙するのが難しいのなら、少しずつ本数を減らすのも肌のためには良いことです。敏感肌とタバコには間違いなく関連があり、禁煙や減煙で敏感肌を改善することもできるということはしっかり覚えておきましょう。

 

敏感肌・乾燥肌対策!おすすめのケア製品達!

口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】


Twitterを中心とした口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】

・オールインワンで忙しい日々でもしっかりスキンケア。
・弱った肌を強くし、強くなった肌は美しさを保つ。
・皮膚の常在菌バランスを整え、肌環境を整える。
・防腐剤、鉱物油、アルコールなど不使用。徹底的にお肌へのやさしさを追及しています。
・コメヌカを使った優しい洗い心地の石けん。天然泥を配合しているので毛穴汚れ対策にも。

敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」

3/19


敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」


毎日のストレス、季節や環境の変化。
最近は、刺激に敏感な人が増えていると言われています。

大人になってからも、
環境などがどうしても気になってしまうもの。
そんな、ケアに悩んでお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

毎日を快適に過ごすために、
カラダの中からバランスを整えることはもちろん、
不足しやすい栄養素の補給や、深い休息、心のケアも大切です。