敏感肌や乾燥肌の人でも心地よく着られるインナーの特長について

敏感肌や乾燥肌の人でも心地よく着られるインナーの特長について

敏感肌や乾燥肌の人でも心地よく着られるインナーの特長について

 

敏感肌や乾燥肌のインナー

 

敏感肌や乾燥肌の人はスキンケアと同じくらい、肌に直接触れるインナーには気を使いたいものです。ここでは、素材やデザインなどを含めた心地良く着られるインナーの特長についてご紹介します。

 

 

 

自分の髪や肌同士の摩擦でも赤くなったり痒くなったりしやすい敏感肌は、外部からの刺激にとても弱い状態です。敏感肌は同時に乾燥肌ということも多いので、さらに肌表面のバリアが弱って刺激を受けやすくなります。

 

 

 

化粧品で敏感肌用のスキンケアをすることもできますが、肌に触れる洋服にも気を使わないと敏感肌の症状は悪化してしまいます。肌に優しいスキンケアをするのであれば、肌に優しく心地良いインナーを身につけることも大事です。

 

 

 

人には見えないけれど可愛い物を着たい、季節に合わせた機能を重視したいなど人によってインナーに求めるものは様々です。敏感肌の人は、それに加えて肌に優しいものを基準にしてインナー選びをする必要があります。

 

敏感肌や乾燥肌の人でも心地よく着られるインナーの特長について

 

乾燥しやすい肌や敏感肌にお勧めできるインナーの素材は、シルクやコットンです。人の肌に近いシルクは肌触りの良さだけでなく、通気性や保温性などの機能も優れています。

 

 

 

ただし、価格が高くお手入れが面倒なので日常的なインナーとして使うのは難しいかもしれません。最近は洗濯機で洗えるものや手頃な価格のシルクインナーも増えているので、1枚くらいは持っておくと良いかもしれませんね。

 

 

コットンのインナーは、シルクよりも安価でデザインや種類も豊富なので普段着としても使いやすいでしょう。同じコットンでも生産方法などの違いで肌触りにも差が出るので、実際に触れてみて心地良さを確認してから購入するのがお勧めです。

 

肌に優しいインナー

 

肌に優しいインナーには、縫い目やタグが肌の刺激にならないようなこだわりがあります。縫い糸にも天然繊維を使用しているもの、縫い目自体がないシームレス設計のインナーが多いのも>心地良く着られるポイントです。

 

 

 

また、締め付けも刺激になるので、肌に食い込まないよう太めのゴムが使われているものも少なくありません。量産品でもこうした気配りがされている、敏感肌用インナーは増えてきています。

 

 

 

素材はもちろん、どんなこだわりを持って作られているのかもしっかりチェックしてから購入してくださいね。

 

 

 

インナーは肌に触れている時間が長いだけに、敏感肌を悪化させないものを選ぶことが重要です。心地良い素材、心地良く着られるデザインを選べば、インナーでも敏感肌や乾燥肌を改善することができそうです。

 

敏感肌・乾燥肌対策!おすすめのケア製品達!

口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】


Twitterを中心とした口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】

・オールインワンで忙しい日々でもしっかりスキンケア。
・弱った肌を強くし、強くなった肌は美しさを保つ。
・皮膚の常在菌バランスを整え、肌環境を整える。
・防腐剤、鉱物油、アルコールなど不使用。徹底的にお肌へのやさしさを追及しています。
・コメヌカを使った優しい洗い心地の石けん。天然泥を配合しているので毛穴汚れ対策にも。

敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」

3/19


敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」


毎日のストレス、季節や環境の変化。
最近は、刺激に敏感な人が増えていると言われています。

大人になってからも、
環境などがどうしても気になってしまうもの。
そんな、ケアに悩んでお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

毎日を快適に過ごすために、
カラダの中からバランスを整えることはもちろん、
不足しやすい栄養素の補給や、深い休息、心のケアも大切です。