敏感肌を治すも悪化させるも洗顔しだい?正しい洗顔方法を知っておこう

敏感肌を治すも悪化させるも洗顔しだい?正しい洗顔方法を知っておこう

敏感肌を治すも悪化させるも洗顔しだい?正しい洗顔方法を知っておこう

 

敏感肌を治す

 

敏感肌を治すためにはスキンケアが重要ですが、中でも洗顔方法は基本中の基本とも言える改善策です。正しい洗顔方法と洗顔料の選び方を知って、敏感肌の改善を目指しましょう。

 

 

 

敏感肌はできるだけ刺激を抑えたケアが重要で、洗顔でもマイルドな洗い方を心掛ける必要があります。

 

 

 

ただし汚れが残ってしまうとそれが刺激になることもあるので、汚れを落として皮脂は残すことが大切です。そのためにも、洗顔料を選ぶ際に洗浄力の強すぎないものを選びましょう。

 

 

 

敏感肌にお勧めの洗顔は固形石鹸で洗う方法です。固形石鹸には合成界面活性剤が配合されていないものが多く、皮脂を取り過ぎないので洗い上がりに潤いが残ります。

 

 

 

また潤い成分が配合された洗顔料を選ぶのも、敏感肌を改善するためにはお勧めです。すぐに洗い流してしまうものだからと適当に洗顔料を選んでいると、敏感肌を悪化させることにもなります。

 

正しい洗顔方法

 

洗顔時に大切なことは、肌に刺激を与えないようにたっぷりの泡で洗うことです。液体や固形など洗顔料のタイプに関係なく、しっかりと泡立ててから肌に乗せましょう。

 

 

 

手と肌の間に泡のクッションを作り、それを肌の上で転がすようなイメージです。冷たすぎる水や熱すぎるお湯は汚れが落ちにくかったり、肌を乾燥させたりします。

 

 

 

人肌程度の水で洗うように心掛け、泡が残らないようにしっかりとすすぎましょう。泡を顔に乗せてから洗い流すまでの目安は1分ほどですが、思ったより短く感じる人もいるかもしれません。

 

 

 

いくら肌に優しい洗顔料でも長く顔に乗せていると肌への刺激になるので優しく、手早く洗うのがポイントです。

 

敏感肌を治すも悪化させるも洗顔しだい?正しい洗顔方法を知っておこう

 

きちんとすすいだあとは清潔なタオルで水分を拭き取りますが、この時も刺激を与えないよう注意しましょう。ゴシゴシこすらず、押さえるように水分を拭うことが刺激を与えないコツです。

 

 

 

肌に優しい天然素材のタオルを選ぶと、余計な刺激を与えずに水分を拭きとることができます。洗顔後は保湿力の高い化粧水などでスキンケアしますが、水分の蒸発を防ぐためにはスキンケアまでに時間を開けないことも大事です。

 

 

 

すぐに化粧水などが使えるよう、スキンケア用品を洗面所に置いておくのも良いかもしれません。敏感肌を刺激しない正しい洗顔方法を知ること、その後に正しいスキンケアをすることで敏感肌も改善できるはずです。

 

 

 

毎日の洗顔を見直すことは、敏感肌を改善するための重要なポイントとなります。スキンケアの効果を上げるためにも、正しい洗顔方法を習慣にしましょう。

 

敏感肌・乾燥肌対策!おすすめのケア製品達!

口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】


Twitterを中心とした口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】

・オールインワンで忙しい日々でもしっかりスキンケア。
・弱った肌を強くし、強くなった肌は美しさを保つ。
・皮膚の常在菌バランスを整え、肌環境を整える。
・防腐剤、鉱物油、アルコールなど不使用。徹底的にお肌へのやさしさを追及しています。
・コメヌカを使った優しい洗い心地の石けん。天然泥を配合しているので毛穴汚れ対策にも。

敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」

3/19


敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」


毎日のストレス、季節や環境の変化。
最近は、刺激に敏感な人が増えていると言われています。

大人になってからも、
環境などがどうしても気になってしまうもの。
そんな、ケアに悩んでお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

毎日を快適に過ごすために、
カラダの中からバランスを整えることはもちろん、
不足しやすい栄養素の補給や、深い休息、心のケアも大切です。