敏感肌の家庭に選ばれている低刺激の洗濯洗剤の特徴について

敏感肌の家庭に選ばれている低刺激の洗濯洗剤の特徴について

敏感肌の家庭に選ばれている低刺激の洗濯洗剤の特徴について

 

敏感肌のの洗濯洗剤

 

敏感肌の家族が一人でもいると、洗濯洗剤にまで気を使う必要があります。ここでは、敏感肌の家庭でも安心して使える低刺激な洗濯洗剤の特徴についてお伝えします。

 

 

 

洗濯洗剤にはたくさんの種類があり、洗濯物や香り、洗い上がりの肌触りなど好みに合わせて選べます。しかししつこい汚れを落とすための洗濯洗剤には、合成界面活性剤などが使われており、これが敏感肌を刺激することもあります。

 

 

 

また良い香りをつけるための合成着色料も、敏感肌にとっては避けるべき成分です。敏感肌のことを考えるなら洗浄力や香りだけではなく、肌に優しい成分かという点にもこだわりましょう。

 

 

 

基本的に洗い流すものではありますが、洗剤に含まれる成分は繊維の中に残ります。低刺激な洗濯洗剤を選べば、敏感肌でも安心して洋服を着られるようになります。

 

低刺激な洗濯洗剤

 

低刺激な洗濯洗剤は、洗浄成分として合成界面活性剤を使用していないという特長があります。天然酵母から作られたもの、天然界面活性剤をしたものの他、洗浄成分として重曹を使用したものもあります。

 

 

 

合成界面活性剤は衣類に残って肌についてしまうと肌の皮脂を奪ってしまう恐れがあるので、合成界面活性剤は避けましょう。香料などをできるだけ使用しない、シンプルな成分でできているのも低刺激な洗濯洗剤を見分けるコツです。

 

 

 

洗濯洗剤を選ぶ時には成分表示をしっかりと確認して、化学的な成分が少ないものを選んでください。洗浄力については製品によって差があるものの、天然界面活性剤だから汚れ落ちが悪いということはないようです。

 

敏感肌の家庭に選ばれている低刺激の洗濯洗剤の特徴について

 

敏感肌にも安心して使える低刺激な洗濯洗剤の中には、洗濯の手間が増えると言われるものもあるようです。低刺激として知られる粉せっけんは溶け残りが多く、石鹸カスが出るというデメリットもあります。

 

 

 

いくら肌に優しい成分でできている洗濯洗剤でも、石鹸成分が残って肌に付くと刺激になることもあるでしょう。特に冬は水温のせいで石鹸カスが残りやすいので、液体タイプを選んだ方が良いかもしれません。

 

 

 

また、洗い上がりがごわつくものもあるので、柔らかな洗い上がりのものを選ぶことも大事です。柔軟剤を使わなくても柔らかく仕上がる洗濯洗剤なら、敏感肌の人にも安心です。

 

 

 

洗濯洗剤の選び方ひとつで敏感肌を刺激することも、敏感肌を良い状態に近づけていくこともできます。タオルや衣類など常に肌に触れるものに使う洗濯洗剤を選ぶ時には、安全で低刺激な自分の肌に合うものを選ぶようにしましょう。

 

敏感肌・乾燥肌対策!おすすめのケア製品達!

口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】


Twitterを中心とした口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】

・オールインワンで忙しい日々でもしっかりスキンケア。
・弱った肌を強くし、強くなった肌は美しさを保つ。
・皮膚の常在菌バランスを整え、肌環境を整える。
・防腐剤、鉱物油、アルコールなど不使用。徹底的にお肌へのやさしさを追及しています。
・コメヌカを使った優しい洗い心地の石けん。天然泥を配合しているので毛穴汚れ対策にも。

敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」

3/19


敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」


毎日のストレス、季節や環境の変化。
最近は、刺激に敏感な人が増えていると言われています。

大人になってからも、
環境などがどうしても気になってしまうもの。
そんな、ケアに悩んでお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

毎日を快適に過ごすために、
カラダの中からバランスを整えることはもちろん、
不足しやすい栄養素の補給や、深い休息、心のケアも大切です。