敏感肌や乾燥肌の人は選択肢が限られる日焼け対策の方法

敏感肌や乾燥肌の人は選択肢が限られる日焼け対策の方法

敏感肌や乾燥肌の人は選択肢が限られる日焼け対策の方法

 

敏感肌や乾燥肌の日焼け対策

 

紫外線は肌が黒くなるだけでなく肌を傷つけ、乾燥肌や敏感肌にも悪い影響を与えます。敏感肌や乾燥肌の場合は選択肢が少なくなるものの、しっかりとUVケアして日焼けを防ぐことが重要です。

 

 

 

紫外線を浴びると肌が乾燥しやすくなるため、敏感肌や乾燥肌の人はしっかり紫外線対策をしましょう。

 

 

 

ただ、日焼け止めに含まれる成分が肌に合わず、日焼け止めが使えないと悩む人も多いようです。敏感肌用の日焼け止めでも乾燥して痒くなったり、湿疹が出たりと日焼け以外のトラブルに悩まされることもあります。

 

 

 

乾燥肌や敏感肌の人は日焼け止めを選ぶ時にも、スキンケア用品同様に肌への優しさを重視する必要があります。肌のバリア機能が衰えている乾燥肌や敏感肌だからこそ、日焼け止めできちんと紫外線を防ぐことも大事ですね。

 

紫外線対策は、乾燥肌や敏感肌には欠かせない

 

日焼け止めに含まれる紫外線予防の成分は、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類です。紫外線吸収剤は紫外線予防効果が高いため、SPF値の高い日焼け止めの多くに使われています。

 

 

 

ただ、UV-AかUV-Bのどちらかしか防げないものも多いため、両方を防ぎたい時には配合成分が増えます。高SPF値、PA値の日焼け止めは肌への負担も増えることから、敏感肌や乾燥肌には向きません。

 

 

 

紫外線散乱剤は肌表面で紫外線をカットし、紫外線による肌への悪影響を防いでくれます。紫外線吸収剤に比べるとべたつきやすいなどのデメリットはありますが、肌への負担は抑えられます。

 

 

 

ノンケミカルとして販売されている日焼け止めのほとんどは、紫外線散乱剤を使用したものです。敏感肌や乾燥肌の人は、紫外線散乱剤、ノンケミカルという表示を目安に日焼け止めを選びましょう。

 

敏感肌や乾燥肌の人は選択肢が限られる日焼け対策の方法

 

日焼け対策は日焼け止めを塗るだけでなく、洋服や日傘などでも可能です。上着を羽織る、帽子をかぶるといった対策もUVケアには有効です。

 

 

 

日焼け止めはSPF値の高いものを選んでも、汗で流れてしまっては効果もありません。それよりは、肌への負担が少ないSPF30以内、PA+++の日焼け止めをマメに塗り直す方がお勧めです。

 

 

 

肌を守るための日焼け止めが肌を荒らすことがないよう、日焼け止めは慎重に選んでください。普通の洗顔料やボディソープで落とせる日焼け止めなら、クレンジングによる肌への刺激も避けられるでしょう。

 

 

 

一年を通して降り注ぐ紫外線対策は、乾燥肌や敏感肌には欠かせないものです。自分に合う日焼け止めで、しっかりと対策をしてくださいね。

 

敏感肌・乾燥肌対策!おすすめのケア製品達!

口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】


Twitterを中心とした口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】

・オールインワンで忙しい日々でもしっかりスキンケア。
・弱った肌を強くし、強くなった肌は美しさを保つ。
・皮膚の常在菌バランスを整え、肌環境を整える。
・防腐剤、鉱物油、アルコールなど不使用。徹底的にお肌へのやさしさを追及しています。
・コメヌカを使った優しい洗い心地の石けん。天然泥を配合しているので毛穴汚れ対策にも。

敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」

3/19


敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」


毎日のストレス、季節や環境の変化。
最近は、刺激に敏感な人が増えていると言われています。

大人になってからも、
環境などがどうしても気になってしまうもの。
そんな、ケアに悩んでお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

毎日を快適に過ごすために、
カラダの中からバランスを整えることはもちろん、
不足しやすい栄養素の補給や、深い休息、心のケアも大切です。