乾燥肌の上にベタつきのある脂性肌を改善させるポイント

乾燥肌の上にベタつきのある脂性肌を改善させるポイント

乾燥肌の上にベタつきのある脂性肌を改善させるポイント

 

乾燥肌で脂性肌

 

乾燥肌なのに部分的にべたつく肌は、どちらに合わせてスキンケアすれば良いのか迷う人も多いでしょう。ここでは、ベタつきを解消し乾燥も抑えられるスキンケアのポイントについてお教えします。

 

 

 

洗顔後や入浴後に頬は突っ張るのに鼻の周りは皮脂が浮き出ているなど、脂性肌と乾燥肌が混在している人は少なくありませんごく狭い範囲にもかかわらず、肌質が混在するのは特に珍しいことではなく混合肌や脂性乾燥肌とも呼ばれます。

 

 

 

生まれつき混合肌の人もいますが、中には生活習慣やスキンケアが原因で肌質が変わり混合肌になる人もいます。潤いを与えすぎるとベタつきがひどくなる、スキンケアを控えめにすると乾燥が気になるとお手入れ方法に迷う人も多いようです。

 

 

 

しかし、ベタつきが気になる部分も実は乾燥しているというということも少なくありません。また、混合肌になってしまう元々の原因が乾燥という人もたくさんいます。

 

べたつく肌の改善

 

どのようなスキンケアが乾燥するのにべたつく肌の改善に役立つのかというと、保湿がポイントとなります。べたつく肌に保湿成分を与えるのは心配かもしれませんが、保湿で余分な皮脂の分泌が抑えられることもあります。

 

 

 

というのも、肌が乾いていると判断すると皮脂が分泌されますが、これが乾燥するのにべたつく原因の一つです。皮脂は分泌されているものの、水分が不足しているのが混合肌に多い傾向と言われています。

 

 

 

そのため、保湿は水分を保持できる成分で行うことが大事です。肌表面に膜を作る油分ではなく、肌内部に水分を与えることで過剰な皮脂分泌を抑えられるでしょう。

 

乾燥肌の上にベタつきのある脂性肌を改善させるポイント

 

肌内部の水分不足は、加齢や肌のバリア機能の衰えなど様々な原因で起こります。乾燥するのにべたつく部分の皮脂を取り過ぎるとバリア機能がさらに低下し、皮脂分泌が増えるという悪循環に陥ります。

 

 

 

これを防ぐためにも皮脂を取るのではなく、水分を与えて潤いを取り戻すスキンケアをしましょう。乾燥肌に良いと言われるスキンケアや洗顔方法を行い、皮脂分泌量を正常に戻すことも大事です。

 

 

 

また、肌を作る元になる食事は栄養バランスに気をつけて摂るようにしましょう。適度な運動で肌のターンオーバーを促進してあげると、衰えたバリア機能を再生することも可能なはずです。

 

 

 

乾燥肌だけでも厄介ですが、脂性肌が混在しているとさらにお手入れも面倒になります。しかし、重視するのは乾燥対策、保湿だということがわかれば、混合肌のお手入れも少しは楽になりますね。

 

敏感肌・乾燥肌対策!おすすめのケア製品達!

口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】


Twitterを中心とした口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】

・オールインワンで忙しい日々でもしっかりスキンケア。
・弱った肌を強くし、強くなった肌は美しさを保つ。
・皮膚の常在菌バランスを整え、肌環境を整える。
・防腐剤、鉱物油、アルコールなど不使用。徹底的にお肌へのやさしさを追及しています。
・コメヌカを使った優しい洗い心地の石けん。天然泥を配合しているので毛穴汚れ対策にも。

敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」

3/19


敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」


毎日のストレス、季節や環境の変化。
最近は、刺激に敏感な人が増えていると言われています。

大人になってからも、
環境などがどうしても気になってしまうもの。
そんな、ケアに悩んでお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

毎日を快適に過ごすために、
カラダの中からバランスを整えることはもちろん、
不足しやすい栄養素の補給や、深い休息、心のケアも大切です。