敏感肌が悪化してしまう生理中を乗り越えるスキンケア方法

敏感肌が悪化してしまう生理中を乗り越えるスキンケア方法

敏感肌が悪化してしまう生理中を乗り越えるスキンケア方法

 

生理中を乗り越えるスキンケア方法

 

肌が刺激を受けやすい敏感肌は体調の変化にも大きく左右されるため、生理中に肌の状態が悪化することもあります。敏感肌を生理中に悪化させないためには、いつも以上にスキンケアに気を使うことが大事です。

 

 

 

生理前に肌が敏感になるのは敏感肌に限ったことではなく、女性ホルモンの影響で多くの人が感じることです。しかし、元々敏感肌の人はホルモンバランスの乱れによる影響が強く出ることもあります。

 

 

 

いつもの化粧品が合わなくなってきたと感じて生理を予想する人もいるほどなので、生理と肌の状態には密接な関係があります。生理が始まって数日で肌の調子が戻る人もいますが、敏感肌が悪化した状態が続く人も少なくありません。

 

 

 

肌の状態に合わせたスキンケアを行うことで、生理前後、生理中の敏感肌の悪化を防ぎましょう。よくあることだからと気にせずにいると、悪い状態が定着してしまうこともあるので要注意です。

 

 

 

生理中の肌は特に敏感になっているので、刺激を抑えることが大事です。化粧水や洗顔料の使い心地がいつもと違うと感じたら、低刺激なものに変えましょう。

 

敏感肌用のスキンケア

 

生理の時用に敏感肌用のスキンケアを揃えておくと、肌の状態に合わせたケアができますね。ただし、生理中に化粧品を変えること自体が刺激になる人もいます。

 

 

 

その場合は、できるだけシンプルなケアを心掛け保湿力の高い化粧水のみのお手入れに変えても良いかもしれません。大切なのは肌の状態をしっかり見て、それに合わせたケアをすることです。

 

 

 

肌が敏感になっている時は、メイクも大きな負担になりますし、クレンジングも肌を刺激することになります。生理中は洗顔石鹸でも落とせるパウダーと薄めのポイントメイクだけに抑えるのも、肌を守るためには大切なポイントです。

 

敏感肌が悪化してしまう生理中を乗り越えるスキンケア方法

 

洗顔の時には、よく泡立てた石鹸で手と肌の間に泡のクッションを作り、優しく洗うようにしましょう。乾燥を防ぐためには、洗顔後にたっぷりと化粧水で水分補給することも重要です。

 

 

 

季節によっては化粧水のみのお手入れが難しいので、低刺激なワセリンで薄い膜を作ってあげるのも良いでしょう。わずか1週間ほどですが、この時期に敏感肌に合わせたケアをするかどうかが生理後の肌を左右することにもなります。

 

 

 

生理による体調不良や肌トラブルは、女性ホルモンの影響によるものなので完全に防ぐことはできません。ただし、敏感肌を悪化させないための低刺激で優しいスキンケアを心掛ければ、生理中の肌トラブルに悩まされることもないでしょう。

 

敏感肌・乾燥肌対策!おすすめのケア製品達!

口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】


Twitterを中心とした口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】

・オールインワンで忙しい日々でもしっかりスキンケア。
・弱った肌を強くし、強くなった肌は美しさを保つ。
・皮膚の常在菌バランスを整え、肌環境を整える。
・防腐剤、鉱物油、アルコールなど不使用。徹底的にお肌へのやさしさを追及しています。
・コメヌカを使った優しい洗い心地の石けん。天然泥を配合しているので毛穴汚れ対策にも。

敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」

3/19


敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」


毎日のストレス、季節や環境の変化。
最近は、刺激に敏感な人が増えていると言われています。

大人になってからも、
環境などがどうしても気になってしまうもの。
そんな、ケアに悩んでお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

毎日を快適に過ごすために、
カラダの中からバランスを整えることはもちろん、
不足しやすい栄養素の補給や、深い休息、心のケアも大切です。