妊娠中は誰もが敏感肌や乾燥肌になりやすい?安全な改善方法

妊娠中は誰もが敏感肌や乾燥肌になりやすい?安全な改善方法

妊娠中は誰もが敏感肌や乾燥肌になりやすい?安全な改善方法

 

妊娠中の敏感肌と乾燥肌

 

妊娠は女性の体が大きく変化することにもなるため、肌が敏感になったり乾燥しやすくなったりします。赤ちゃんに影響を与えない安全な乾燥肌や敏感肌の改善方法を知って、妊娠中の肌もしっかりケアしましょう。

 

 

 

妊娠すると肌がキレイになる人もいる反面、今までにないほどの乾燥を感じる人もいます。

 

 

 

また妊娠中に突然敏感肌の症状が出て、産後も肌の痒みや赤みに悩まされる人もいるそうです。これらは、妊娠によるホルモンバランスの変化が影響しているため、ほとんどの場合は出産後に徐々に改善されていきます。

 

 

 

これ以外に、妊娠中は胎児に栄養を送るため、母体が栄養不足になることも肌質が変化する原因です。さらに、妊娠によるストレスも乾燥肌や敏感肌になる原因と言われています。

 

 

 

約10カ月の妊娠期間中、乾燥肌や敏感肌に悩まされるとさらなるストレスの原因にもなるでしょう。少しでもストレスを減らすためには、安全な肌の改善方法を知っておきたいですね。

 

安全な肌の改善方法

 

母体の栄養不足や水分不足による肌質の変化を改善するには、積極的な水分補給と体重管理しながらの栄養補給が大事です。

 

 

 

妊娠中は体がむくみやすいので、水分を控えるという人もいますがこれが肌の乾燥を招くこともあります。少しずつ水分を意識して摂る、食事でも水分量の多い料理を作るなどで体の中から乾燥肌を改善しましょう。

 

 

 

また、妊婦でも安心して飲めるサプリも栄養補給には役立ちます。肌を作るのに必要なたんぱく質やビタミン類が不足していると思ったら、サプリを併用するのも良いかもしれません。

 

 

 

ストレスを軽減するためには、十分な睡眠と適度な気分転換も必要です。妊娠中の体を労わることは、乾燥肌や敏感肌の改善にも繋がりそうですね。

 

妊娠中は誰もが敏感肌や乾燥肌になりやすい?安全な改善方法

 

肌に塗る化粧品が胎児に与える影響は少ないと言われていますが、できれば避けたい成分もいくつかあります。防腐剤として使われること多いパラベンや、美白効果のあるハイドロキノンは肌への刺激が強い成分です。

 

 

 

妊娠中の敏感になった肌や乾燥肌は、刺激の少ないスキンケア用品でお手入れするようにしましょう。また、アロマ効果のある精油などを妊娠中に初めて使うのはお勧めできません。

 

 

 

天然成分だから安全というわけでなく、アレルギー反応で肌を余計に乾燥させることもあります。妊娠中は初めての化粧品、スキンケアを使い始めるのに適した時期ではないということです。

 

 

 

女性のデリケートな体は妊娠中に大きく変化し続けます。その時々に合わせたスキンケアで安全に乾燥肌、敏感肌の対策をしましょう。

敏感肌・乾燥肌対策!おすすめのケア製品達!

口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】


Twitterを中心とした口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】

・オールインワンで忙しい日々でもしっかりスキンケア。
・弱った肌を強くし、強くなった肌は美しさを保つ。
・皮膚の常在菌バランスを整え、肌環境を整える。
・防腐剤、鉱物油、アルコールなど不使用。徹底的にお肌へのやさしさを追及しています。
・コメヌカを使った優しい洗い心地の石けん。天然泥を配合しているので毛穴汚れ対策にも。

敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」

3/19


敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」


毎日のストレス、季節や環境の変化。
最近は、刺激に敏感な人が増えていると言われています。

大人になってからも、
環境などがどうしても気になってしまうもの。
そんな、ケアに悩んでお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

毎日を快適に過ごすために、
カラダの中からバランスを整えることはもちろん、
不足しやすい栄養素の補給や、深い休息、心のケアも大切です。