敏感肌のかわいそうな赤ちゃんを助けてあげる改善・対策ポイント

敏感肌のかわいそうな赤ちゃんを助けてあげる改善・対策ポイント

敏感肌のかわいそうな赤ちゃんを助けてあげる改善・対策ポイント

 

敏感肌の赤ちゃん

 

赤ちゃんの肌はすべすべしていて羨ましいと感じることもありますが、実は赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。敏感肌で赤くなったり痒みが出たりしやすい赤ちゃんの肌は、どうやって改善してあげれば良いのでしょうか。

 

 

 

何もしなくてみずみずしいイメージのある赤ちゃんの肌ですが、産後2ヶ月を過ぎるころからは乾燥しやすくなります。また生まれつきアトピー肌の赤ちゃんもいるので、赤ちゃんといえども保湿ケアは重要です。

 

 

 

大人よりも薄い赤ちゃんの肌は、洋服やタオルなどの刺激ですぐに赤くなったりもします。肌の水分量も油分も少ないので肌のバリア機能も低く、刺激を受けることでさらに敏感肌に傾くこともあるようです。

 

 

 

赤ちゃんの肌に化粧品を塗るのをためらうお母さんもいるかもしれませんが、刺激から守るケアは必要です。肌の刺激を避ける、肌のバリア機能を高めるケアをすることで、敏感肌の可哀想な赤ちゃんを助けてあげましょう。

 

 

 

赤ちゃんの肌は大人に比べて刺激に弱いため、保湿ケアをする時にも慎重にケア用品を選ぶことが大事です。

 

赤ちゃん用のスキンケア用品

 

香料などの添加物が含まれていない赤ちゃん用のスキンケア用品は、たくさんの種類の中から選べます。肌に優しい弱酸性やアレルギーテスト済みのケア用品なら、敏感な肌にも安心して使えるでしょう。

 

 

 

また、紫外線の刺激をダイレクトに受けることも、赤ちゃんの肌には良くありません。日焼け止めを使うか、洋服やベビーカーのシェードで日差しを避けるようにして外出しましょう。

 

 

 

赤ちゃんは汗をかきやすいので、汗をしっかり洗い流すことも敏感肌をケアする方法の一つです。

 

敏感肌のかわいそうな赤ちゃんを助けてあげる改善・対策ポイント

 

お風呂に入れる時には、敏感肌用のベビーソープを使い優しく洗うことを心掛けましょう。入浴後は肌触りの良いタオルで抑えるように水分を取り、できるだけ早めにローションなどで保湿します。

 

 

 

タオルや肌着を洗う洗濯洗剤も敏感肌用、無香料の刺激が少ないものを選ぶと安心です。すすぎをしっかり行って、洗剤成分が残らないように気をつけましょう。

 

 

 

敏感肌の赤ちゃんにお勧めのケアは、大人の敏感肌対策とそれほど大きく変わりません。しかし、大人よりも肌がデリケートな赤ちゃんのケアには、より一層の注意が必要です。

 

 

 

肌が弱い赤ちゃんを見ているだけでお母さんも辛いですし、何より赤ちゃん自身は辛い思いをします。刺激を与えない入浴の仕方や洗濯洗剤、スキンケア用品の選び方を知って、赤ちゃんにもきちんと敏感肌対策をしてあげましょう。

 

敏感肌・乾燥肌対策!おすすめのケア製品達!

口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】


Twitterを中心とした口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】

・オールインワンで忙しい日々でもしっかりスキンケア。
・弱った肌を強くし、強くなった肌は美しさを保つ。
・皮膚の常在菌バランスを整え、肌環境を整える。
・防腐剤、鉱物油、アルコールなど不使用。徹底的にお肌へのやさしさを追及しています。
・コメヌカを使った優しい洗い心地の石けん。天然泥を配合しているので毛穴汚れ対策にも。

敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」

3/19


敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」


毎日のストレス、季節や環境の変化。
最近は、刺激に敏感な人が増えていると言われています。

大人になってからも、
環境などがどうしても気になってしまうもの。
そんな、ケアに悩んでお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

毎日を快適に過ごすために、
カラダの中からバランスを整えることはもちろん、
不足しやすい栄養素の補給や、深い休息、心のケアも大切です。