子どもの敏感肌や乾燥肌でも出来る安全な改善の方法

子どもの敏感肌や乾燥肌でも出来る安全な改善の方法

子どもの敏感肌や乾燥肌でも出来る安全な改善の方法

 

子どもの敏感肌や乾燥肌

 

乾燥とは無縁に思える子供の肌ですが、実際には乾燥しやすく大人よりも敏感肌な子供も少なくありません。バリア機能が完全に整っていない子供の肌は、こまめな保湿をしてあげることが大切です。

 

 

 

一般的に、子供の肌は生後数カ月〜10歳くらいまでの間に発達し、その後大人の肌とほぼ同じになると言われています。それまでは、肌のバリア機能が未熟なため少しの刺激でも痒みや赤みが生じることがあります。

 

 

 

またバリア機能が弱いので水分量が大人より少なく、特に冬にはカサつきやすくなるようです。子供は汗をかきやすいので頻繁にシャワーを浴びたり、顔を洗ったりしますが保湿に無関心な親も多いのではないでしょうか。

 

 

 

洗浄力の強い石鹸やボディソープで洗ったうえに保湿しなければ、子供の肌の乾燥は進むばかりです。乾燥から敏感肌の症状が出ることもあるので、子供の肌もしっかり保湿を心掛けることが大事です。

 

子供のための保湿

 

子供のための保湿は刺激の少ないもの、子供が嫌がらない使い心地のものを選びましょう。

 

 

 

ローションやクリームなどを季節に合わせて使い分ければ、ベタつきを嫌がる子供にも安心です。肘や膝、頬などカサついて粉を拭いてしまうような場合は、オイルやワセリンも効果が期待できます。

 

 

 

ただし、ワセリンそのものには保湿成分が含まれていません。そのため、ローションやクリームなどで保湿成分を肌に補う必要があります。

 

 

肌に保湿成分を長く留めるために、こってりとした油分の膜を張れるワセリンを使います。あまりにも乾燥がひどい時は、皮膚科医での診察を検討した方が良いかもしれませんね。

 

子どもの敏感肌や乾燥肌でも出来る安全な改善の方法

 

肌の乾燥を防ぎ、刺激を抑えるためには熱いお風呂に入らない、入浴や手洗い後は水分をすぐに拭き取り保湿するという点が大事です。

 

 

 

また寝具や衣類は肌を刺激しない天然繊維のものを選び、洗濯洗剤も無添加の物を使うよう心掛けましょう。ボディソープやシャンプーを洗浄力の弱い弱酸性の物に変えるだけでも、肌の乾燥や敏感肌への刺激を防げます。

 

 

 

子供が痒くて掻いてしまっても大丈夫なように、爪を短く切っておくのも掻いた跡が残らないようにするためには大切なことです。痒くて掻いたことが刺激となって、乾燥や敏感肌が悪化することもあるので、親が気をつけてあげるようにしましょう。

 

 

 

子供の肌は回復力も早いですが、やはり未熟で弱い肌であることは確かです。外側からの保湿を行い余計な刺激を取り除くことに気をつけて、子供の肌を安全に改善してあげたいですね。

 

敏感肌・乾燥肌対策!おすすめのケア製品達!

口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】


Twitterを中心とした口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】

・オールインワンで忙しい日々でもしっかりスキンケア。
・弱った肌を強くし、強くなった肌は美しさを保つ。
・皮膚の常在菌バランスを整え、肌環境を整える。
・防腐剤、鉱物油、アルコールなど不使用。徹底的にお肌へのやさしさを追及しています。
・コメヌカを使った優しい洗い心地の石けん。天然泥を配合しているので毛穴汚れ対策にも。

敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」

3/19


敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」


毎日のストレス、季節や環境の変化。
最近は、刺激に敏感な人が増えていると言われています。

大人になってからも、
環境などがどうしても気になってしまうもの。
そんな、ケアに悩んでお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

毎日を快適に過ごすために、
カラダの中からバランスを整えることはもちろん、
不足しやすい栄養素の補給や、深い休息、心のケアも大切です。