敏感肌や乾燥肌でも出来るニキビやニキビ跡対策のおすすめ方法

敏感肌や乾燥肌でも出来るニキビやニキビ跡対策のおすすめ方法

敏感肌や乾燥肌でも出来るニキビやニキビ跡対策のおすすめ方法

 

敏感肌や乾燥肌のニキビ

 

皮脂でべたつくわけではなく、カサカサに乾燥しているのにニキビができると悩む人は多いようです。乾燥対策と同時にニキビやニキビ跡を改善するにはどんなスキンケアをすれば良いのでしょうか。

 

 

 

オイリー肌の人の悩みとして多いニキビは、乾燥肌や敏感肌の人の悩みでもあります。なぜ、乾燥するのにニキビができるのかというと、肌のバリア機能の低下、ターンオーバーの乱れによる汚れの蓄積が考えられます。

 

 

 

健康な肌では弱酸性の肌表面ですが、敏感肌や乾燥肌ではアルカリ性に傾きがちになりニキビが発生しやすい状態にもなるのです。敏感肌や乾燥肌でもできてしまうニキビの原因は、オイリー肌とは違うものです。

 

乾燥肌や敏感肌のニキビやニキビ跡対策

 

そのため、乾燥肌や敏感肌のニキビやニキビ跡対策は、皮脂を取るのではなく乾燥対策に焦点を当てることが必要になります。ニキビができたから皮脂を取れば良いと洗顔を増やしたり、さっぱりしたケアに変えると悪化することもあるので注意しましょう。

 

 

 

肌のバリア機能を回復させるためにも、ターンオーバーを正常に戻すためにも、まずは保湿が大切です。ただし、敏感肌や乾燥肌は保水能力も低下しているので、保湿力の高い成分配合の化粧品を選びましょう。

 

 

 

肌内部に水分を留める働きに優れたセラミド、ヒアルロン酸などが配合された化粧水もお勧めです。また、抗炎症効果のある植物エキス配合の化粧水は、ニキビの悪化を防ぐ効果も期待できます。

 

 

 

乾燥を防ぎ、敏感肌の症状を抑えるためには、肌の内側の潤いが重要です。化粧水の水分が蒸発しないよう、肌表面に薄い膜をはる油分を乗せてあげるとさらに効果的です。

 

敏感肌や乾燥肌でも出来るニキビやニキビ跡対策のおすすめ方法

 

もし、ニキビに油分が気になるのであれば、毛穴に詰まりにくいノンコメドジェニック処方のクリームを選ぶと良いかもしれません。

 

 

 

ニキビができていると、ゴシゴシ洗いたくなる人もいるかもしれません。しかし、洗い過ぎも洗う時の刺激もニキビを悪化させるだけです。

 

 

 

乾燥が原因のニキビは、洗い過ぎずに汚れを落とすことが重要になります。洗浄力がマイルドで皮脂を取り過ぎない洗顔料や石鹸を選び、しっかり泡立ててから洗ってください。

 

 

 

古い角質は無理矢理洗い流すのではなく、保湿によって自然に剥がれ落ちるのを待ちましょう。

 

 

 

ニキビと乾燥肌、敏感肌は症状の出方は違うものの、徹底的な保湿を行うことで改善できるはずです。また肌のターンオーバーが正常化すればニキビ跡も少しずつ薄くなるので、保湿を基本としたスキンケアを根気よく続けましょう。

 

敏感肌・乾燥肌対策!おすすめのケア製品達!

口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】


Twitterを中心とした口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】

・オールインワンで忙しい日々でもしっかりスキンケア。
・弱った肌を強くし、強くなった肌は美しさを保つ。
・皮膚の常在菌バランスを整え、肌環境を整える。
・防腐剤、鉱物油、アルコールなど不使用。徹底的にお肌へのやさしさを追及しています。
・コメヌカを使った優しい洗い心地の石けん。天然泥を配合しているので毛穴汚れ対策にも。

敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」

3/19


敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」


毎日のストレス、季節や環境の変化。
最近は、刺激に敏感な人が増えていると言われています。

大人になってからも、
環境などがどうしても気になってしまうもの。
そんな、ケアに悩んでお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

毎日を快適に過ごすために、
カラダの中からバランスを整えることはもちろん、
不足しやすい栄養素の補給や、深い休息、心のケアも大切です。