更年期の肌変化により乾燥肌になる?対策は可能なの?

更年期の肌変化により乾燥肌になる?対策は可能なの?

更年期の肌変化により乾燥肌になる?対策は可能なの?

 

更年期の乾燥肌

 

更年期には多くの女性が様々なトラブルに悩まされますが、肌の変化もその一つです。乾燥しやすく敏感になりがちな更年期の女性の肌は、どう対策すれば良いのでしょうか。

 

 

 

30代後半から卵巣機能の低下が始まり、40代半ばには女性ホルモンのエストロゲンが急激減少します。更年期の肌の変化は、主に女性ホルモンのバランスが大きく崩れることで起こるものです。

 

 

 

また、肌が元々持っているヒアルロン酸やコラーゲン、皮脂の分泌量が減ることで乾燥しやすくなるのも特徴です。今までの化粧品が合わなくなった、化粧の理が悪い、化粧崩れしやすいなどの悩みを持つ更年期世代の女性は少なくありません。

 

 

 

更年期世代は家庭や子育てのストレスが大きいのも、肌に変化を与える要因となります。これらの原因を一度に対策するのは難しいですが、スキンケアを更年期に合わせて変えれば乾燥対策は可能です。

 

更年期の乾燥肌対策

 

更年期の乾燥肌には、不足し始めたヒアルロン酸やコラーゲンを補うケアが重要です。保湿成分としてヒアルロン酸や、コラーゲンが配合されたスキンケア用品に変えてみるのも良いでしょう。

 

 

 

また、セラミドも高保湿機能を持つ成分として知られています。化粧水やクリームを使っても乾燥が止まらない場合、必要な成分が不足しているのかもしれません。

 

 

 

成分表示をよく見て、更年期世代の女性の肌に必要な保湿成分が配合されたものを選びましょう。化粧水、乳液、クリームといったシンプルな手順でも、一つずつの保湿効果が高ければ十分に乾燥肌対策になります。

 

 

 

女性ホルモンを補うのも乾燥肌を悪化させない方法ですが、副作用などの心配もあります。

 

更年期の肌変化により乾燥肌になる?対策は可能なの?

 

簡単にできる方法としては、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを多く摂取するのも良いでしょう。豆乳や豆腐などの食品から摂取する他、サプリで効率良く摂取する方法もあります。

 

 

 

運動不足による新陳代謝の衰えも、古い角質がたまり乾燥を促進する原因になるので適度な運動も大事です。上手にストレスを発散するためにも、軽いウォーキングや定期的な運動を始めてみるのと良いかもしれません。

 

 

 

薬は飲みたくないという人も、漢方なら安心して飲めるのではないでしょうか。更年期に合わせて処方された漢方を飲み続けることで、肌質改善も期待できます。

 

 

 

長ければ数年も続く更年期の症状、肌の乾燥はすぐに改善することはできません。しかし重点的な保湿や不足している成分の摂取などを心掛けていれば、乾燥肌をひどく悪化させることはないでしょう。

 

敏感肌・乾燥肌対策!おすすめのケア製品達!

口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】


Twitterを中心とした口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】

・オールインワンで忙しい日々でもしっかりスキンケア。
・弱った肌を強くし、強くなった肌は美しさを保つ。
・皮膚の常在菌バランスを整え、肌環境を整える。
・防腐剤、鉱物油、アルコールなど不使用。徹底的にお肌へのやさしさを追及しています。
・コメヌカを使った優しい洗い心地の石けん。天然泥を配合しているので毛穴汚れ対策にも。

敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」

3/19


敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」


毎日のストレス、季節や環境の変化。
最近は、刺激に敏感な人が増えていると言われています。

大人になってからも、
環境などがどうしても気になってしまうもの。
そんな、ケアに悩んでお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

毎日を快適に過ごすために、
カラダの中からバランスを整えることはもちろん、
不足しやすい栄養素の補給や、深い休息、心のケアも大切です。