これだけは避けたい・乾燥肌・敏感肌を悪化させる化粧品成分って?

これだけは避けたい・乾燥肌・敏感肌を悪化させる化粧品成分って?

これだけは避けたい・乾燥肌・敏感肌を悪化させる化粧品成分って?

 

乾燥肌・敏感肌を悪化させる化粧品成

 

化粧品を選ぶ時に成分を確認するのは当然ですが、特に敏感肌や乾燥肌の場合はそれを徹底した方が良いでしょう。ここでは、敏感肌や乾燥肌の人が避けるべき化粧品成分について解説します。

 

敏感肌や乾燥肌のスキンケアに大事なのは、刺激が少ないことと保湿効果があることです。化粧品として肌につける成分は、基本的に安全性が確認されています。

 

 

 

しかしそれは健康な肌の人を基準にしたもので、誰に出も安全であるとは限りません。洋服や髪、風などでも刺激を受けてしまう敏感肌と普通肌が同じ状態でないことは誰もがわかることです。

 

 

 

そのため、化粧品を選ぶ時には敏感肌用や乾燥肌用を選ぶのが無難です。ただし敏感肌用や乾燥肌用であっても、全ての成分が低刺激とは限りません。

 

 

 

化粧品を購入する前には乾燥肌や敏感肌を悪化させる成分が配合されていないか、しっかりと確認してください。

 

肌に刺激を与える成分

 

肌に刺激を与える成分としてよく知られているのが、防腐剤やアルコールなどの保存料です。製品を長く保管するためには必要な防腐剤ですが、中には刺激の強いものもあります。

 

 

 

ブチルパラベンやプロピルパラペンは高い防腐効果があるものの、同時に肌への刺激も強い成分です。防腐剤を全て避けるのは難しい場合でも、どんな種類が使われているのかはチェックしましょう。

 

 

 

品質保持や製品の安定のために使われる成分としては、エタノールもよく知られています。使用感がさっぱりするというメリットもあるものの、蒸発する時に肌の水分を奪うというデメリットもあります。

 

 

 

乾燥肌や敏感肌を悪化させやすい成分でもあるので、できればアルコールやエタノール不使用の化粧品を選びましょう。

 

これだけは避けたい・乾燥肌・敏感肌を悪化させる化粧品成分って?

 

敏感肌や乾燥肌の人で美白化粧品を使っている人は、美白成分にも注意しましょう。ハイドロキノンやビタミンC誘導体は、美白化粧品に含まれる成分として一般的なものです。

 

 

 

また美白効果が高いとして人気のある成分ですが、肌への刺激は強いと言われています。ビタミンC誘導体は成分そのものに肌を乾燥させる作用もあるので、敏感肌や乾燥肌に使う美白成分には向いていません。

 

 

 

美白効果のある成分は種類も豊富なので、低刺激なものを選ぶと安心です。乾燥肌や敏感肌で美白もしたい、ニキビ予防もしたいという時には、特に化粧品成分の確認が大事です。

 

 

 

刺激が強く乾燥を招く成分を避けることが、乾燥肌や敏感肌を悪化させないためには大切です。肌タイプの表示だけでなく、成分表示もきちんと確認してから化粧品を選んでください。

 

敏感肌・乾燥肌対策!おすすめのケア製品達!

口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】


Twitterを中心とした口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】

・オールインワンで忙しい日々でもしっかりスキンケア。
・弱った肌を強くし、強くなった肌は美しさを保つ。
・皮膚の常在菌バランスを整え、肌環境を整える。
・防腐剤、鉱物油、アルコールなど不使用。徹底的にお肌へのやさしさを追及しています。
・コメヌカを使った優しい洗い心地の石けん。天然泥を配合しているので毛穴汚れ対策にも。

敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」

3/19


敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」


毎日のストレス、季節や環境の変化。
最近は、刺激に敏感な人が増えていると言われています。

大人になってからも、
環境などがどうしても気になってしまうもの。
そんな、ケアに悩んでお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

毎日を快適に過ごすために、
カラダの中からバランスを整えることはもちろん、
不足しやすい栄養素の補給や、深い休息、心のケアも大切です。