敏感肌と腸内環境の深い関係とは?お肌との関係は密接なのか?

敏感肌と腸内環境の深い関係とは?お肌との関係は密接なのか?

敏感肌と腸内環境の深い関係とは?お肌との関係は密接なのか?

 

敏感肌と腸内環境

 

腸内環境は体の色々な部位に影響を与えると言われますが、敏感肌にも深く関係していると考えられています。肌と腸内環境はどう関係するのか、腸内環境改善が敏感肌改善にも繋がるのかについて調べてみました。

 

 

 

腸は食べ物の消化器官としての働きだけでなく細菌などの感染を防ぎ、自律神経を整えるという役割も持っています。また、体の免疫力を上げるためにも需要な働きをする器官で、体内の70%の免疫細胞が腸に存在するとも言われています。

 

 

 

これだけの働きをする腸の環境が悪化するということは、体全体に悪影響を与えることになるのも当然です。腸内環境の悪化は、悪玉菌と善玉菌のバランスが崩れることで起こります。

 

 

 

悪玉菌が増えすぎた腸内では免疫細胞の働きも弱まり、肌にも悪影響を与えます。また悪玉菌が作り出す物質が、肌のくすみや乾燥を引き起こすという研究結果もあるようです。

 

 

 

敏感肌の原因でもある肌の乾燥が腸内環境の悪化によるものであるなら、腸内環境改善が敏感肌の改善にも繋がるでしょう。

 

腸内環境が悪化する原因

 

腸内環境が悪化する原因はたくさんありますが、悪玉菌の餌になる食物を多く摂ることが挙げられます。また運動不足によって腹筋が衰え、腸の動きが鈍くなると便秘がちになり、腸内環境悪化に繋がります。

 

 

 

さらにストレスや睡眠不足、冷えなども腸内環境の悪化を促進させることがわかっています。これらは、腸内環境悪化の要因は肌にとっても良くないことです。

 

 

 

腸内環境が悪化することによる乾燥肌、食生活や生活習慣による肌ダメージが重なると、敏感肌もますますひどくなるはずです。

 

敏感肌と腸内環境の深い関係とは?お肌との関係は密接なのか?

 

健全な腸内環境と健康な肌は密接に関係していますし、逆も同じです。敏感肌を改善して、肌を健康にしたいのであれば腸内環境を整えることが大事です。

 

 

 

腸内環境を整えるためには善玉菌が優位に立てるように、食事も含めた生活習慣を見直しましょう。乳酸菌やビフィズス菌を多く含むヨーグルトや納豆、食物繊維の豊富な野菜を意識して食べれば善玉菌が住みやすい環境を作れます。

 

 

 

また、便秘を防ぐためには適度な運動と十分な睡眠が必要です。スキンケアだけではどうにも改善しない敏感肌に悩んでいるなら、腸内環境改善を同時にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

腸内環境と肌質改善は切っても切れない関係にあり、どこかが悪いと他にも影響が出ます。体の部位は内側でも外側でも繋がっているので、健康的な生活が腸内環境も敏感肌も改善してくれると思って間違いないでしょう。

 

敏感肌・乾燥肌対策!おすすめのケア製品達!

口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】


Twitterを中心とした口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】

・オールインワンで忙しい日々でもしっかりスキンケア。
・弱った肌を強くし、強くなった肌は美しさを保つ。
・皮膚の常在菌バランスを整え、肌環境を整える。
・防腐剤、鉱物油、アルコールなど不使用。徹底的にお肌へのやさしさを追及しています。
・コメヌカを使った優しい洗い心地の石けん。天然泥を配合しているので毛穴汚れ対策にも。

敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」

3/19


敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」


毎日のストレス、季節や環境の変化。
最近は、刺激に敏感な人が増えていると言われています。

大人になってからも、
環境などがどうしても気になってしまうもの。
そんな、ケアに悩んでお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

毎日を快適に過ごすために、
カラダの中からバランスを整えることはもちろん、
不足しやすい栄養素の補給や、深い休息、心のケアも大切です。