乾燥肌でも保湿ができるおすすめの化粧水選びのポイント

乾燥肌でも保湿ができるおすすめの化粧水選びのポイント

乾燥肌でも保湿ができるおすすめの化粧水選びのポイント

 

乾燥肌の化粧水選び

 

肌が乾燥しやすいからと、油分ばかりを与えていては肌荒れを招く原因にもなります。乾燥肌には油分だけでなく水分補給、水分保持も大切なポイントとなるので化粧水選びが重要です。

 

 

 

肌は水分と油分がバランス良く保たれていないと、様々なトラブルを引き起こします。どちらかが多すぎても少なすぎても、ニキビや肌荒れの原因になります。

 

 

 

洗顔後はしっかりと化粧水で水分補給をして、その後で肌に膜を作るように油分を与えてあげましょう。ただ、水分量や水分保持力は年齢とともに衰えてくるものです。

 

 

 

それだけでなく、環境や生活習慣によっても肌の水分はどんどん奪われていきます。乾燥肌を保湿するためには、化粧水に含まれる保湿成分を重視して選ぶことが重要です。

 

 

 

今使っている化粧水が物足りないと思ったら、成分を見直して保湿力があるか確認した方が良いかもしれません。

 

化粧水選びのポイント

 

乾燥肌を保湿してくれる化粧水の成分としては、ヒアルロン酸やセラミドがお勧めです。セラミドの中でも人型セラミドは肌馴染みが良く、水分保持力にも優れています。

 

 

 

化粧水にセラミド配合と書かれていても、どの種類かで保湿力が変わるので種類も確認しましょう。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が、成分表の何番目に書かれているかも大切なポイントです。

 

 

 

成分表の前の方に書かれているほど、配合率が高いということになります。化粧水での保湿を考えているのであれば、保湿成分の種類と合わせて配合量の確認もしておきましょう。

 

 

 

化粧水を選ぶ時は、保湿成分だけでなく肌の刺激になる成分が含まれていないかという点も大切です。

 

乾燥肌でも保湿ができるおすすめの化粧水選びのポイント

 

いくら保湿成分で潤いを与えても肌に強い刺激を与える成分があると、肌の保水力も弱まります。アルコールや香料、サリチル酸などの殺菌成分は乾燥肌と相性が良くありません。

 

 

 

それぞれ保存性を高める、使用感を良くするなどの働きがありますが、乾燥肌には不要な成分です。保湿力が高く肌に刺激を与えない化粧水を選ぶことが、乾燥肌を悪化させないためにも大事なことです。

 

 

 

安い化粧水がダメというわけではありませんが、質の良い成分を使うとある程度の価格になるのは仕方ありません。あまりにも安い化粧品は乾燥肌に良くない成分を配合している可能性もあるので、成分確認は必ず行いましょう。

 

 

 

化粧水だけで保湿するのは難しいですが、保湿の基本となるのは化粧水です。保湿成分について知ることで、乾燥肌の保湿もできる化粧水選びができるのではないでしょうか。

 

敏感肌・乾燥肌対策!おすすめのケア製品達!

口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】


Twitterを中心とした口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】

・オールインワンで忙しい日々でもしっかりスキンケア。
・弱った肌を強くし、強くなった肌は美しさを保つ。
・皮膚の常在菌バランスを整え、肌環境を整える。
・防腐剤、鉱物油、アルコールなど不使用。徹底的にお肌へのやさしさを追及しています。
・コメヌカを使った優しい洗い心地の石けん。天然泥を配合しているので毛穴汚れ対策にも。

敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」

3/19


敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」


毎日のストレス、季節や環境の変化。
最近は、刺激に敏感な人が増えていると言われています。

大人になってからも、
環境などがどうしても気になってしまうもの。
そんな、ケアに悩んでお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

毎日を快適に過ごすために、
カラダの中からバランスを整えることはもちろん、
不足しやすい栄養素の補給や、深い休息、心のケアも大切です。