肌に優しい敏感肌向けの石鹸について・成分からチェックしよう

肌に優しい敏感肌向けの石鹸について・成分からチェックしよう

肌に優しい敏感肌向けの石鹸について・成分からチェックしよう

 

敏感肌向けの石鹸

 

顔や体を洗う時には液体ソープや洗顔フォームが手軽ですが、敏感肌には刺激が強すぎることもあります。敏感肌でも安心して使える石鹸を選ぶには、成分をしっかりとチェックすることが大事です。

 

 

 

敏感肌は肌表面が傷ついて、外部からの刺激を受けやすくなっている状態です。また、肌を守る角質層が均一ではないために水分や油分を保持できず、乾燥していることも少なくありません。

 

 

 

そのような状態の肌を気にせずに石鹸や洗顔フォームを使うと、敏感肌が悪化することもあります。できるだけ肌に刺激を与えず、汚れはしっかり落とせる石鹸を選べば敏感肌の症状を抑えることもできるでしょう。

 

石鹸の成分

 

肌に優しい石鹸を選ぶためには石鹸と洗顔料の違い、敏感肌を刺激する成分を知ることが大事です。香りなどで選びがちな洗顔料やボディソープですが、肌を守るためにはどんな成分で作られているかが最も重要です。

 

 

 

敏感肌の人ができるだけ避けたい成分は、合成界面活性剤です。洗浄力が高く、洗い上がりもさっぱりするため多くの洗顔料やボディソープに使われている成分ですが、敏感肌には良くありません。

 

 

 

主に石油から作られているもので、泡立ちを良くするために用いられています。石鹸にはこうした合成界面活性剤が含まれていないため、石鹸は敏感肌にお勧めの洗浄剤と言えます。

 

 

 

ただし、見た目が石鹸でも合成界面活性剤入りの物があるので、形状だけでなく成分もチェックしましょう。

 

肌に優しい敏感肌向けの石鹸について・成分からチェックしよう

 

石鹸の場合は、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムといった天然成分が使われています。中でもこの2つの成分が98%以上を占める純石鹸は、皮膚科医も勧めるほど刺激の少ない石鹸です。

 

 

 

洗浄力を左右する界面活性剤以外に、石鹸には様々な成分が配合されることがあります。肌に刺激を与える香料などは避けたほうが良いですが、保湿成分配合の石鹸なら敏感肌でも安心して使えるかもしれません。

 

 

 

人の皮脂に近い成分である馬油やオレイン酸を含むオリーブオイルや椿油配合の石鹸は、皮脂を落としすぎることもないでしょう。炎症を起こしている敏感肌には、甘草やカミツレなどの抗炎症成分配合の石鹸も良いかもしれません。

 

 

 

石鹸は汚れを落とすものですが、同時に皮脂まで洗い流してしまうので洗浄力だけでなく保湿成分にもこだわりましょう。

 

 

 

敏感肌向けの石鹸は泡立ちが良くないというデメリットがありますが、肌に優しいのは確かです。刺激の強い成分を避け、保湿もできる石鹸を選べば敏感肌を悪化させることもなく、自然な肌の回復を促せるでしょう。

 

敏感肌・乾燥肌対策!おすすめのケア製品達!

口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】


Twitterを中心とした口コミで人気のスキンケア【ビオメディ】

・オールインワンで忙しい日々でもしっかりスキンケア。
・弱った肌を強くし、強くなった肌は美しさを保つ。
・皮膚の常在菌バランスを整え、肌環境を整える。
・防腐剤、鉱物油、アルコールなど不使用。徹底的にお肌へのやさしさを追及しています。
・コメヌカを使った優しい洗い心地の石けん。天然泥を配合しているので毛穴汚れ対策にも。

敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」

3/19


敏感・デリケートで悩むあなたへ「アレルナイトプラス」


毎日のストレス、季節や環境の変化。
最近は、刺激に敏感な人が増えていると言われています。

大人になってからも、
環境などがどうしても気になってしまうもの。
そんな、ケアに悩んでお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

毎日を快適に過ごすために、
カラダの中からバランスを整えることはもちろん、
不足しやすい栄養素の補給や、深い休息、心のケアも大切です。